MENU

定番サイト登録無料
人気サイトBEST5
神待ちしている女性で賑わうサイト

 

「若ければ若いほどいい」という感覚の男性はたくさんいました。
神待ちサイトは、大手の出会い系サイトのようなしっかりした年齢確認もないため、
あえて18歳未満の女の子を探す男性もいます。

 

ですが、18歳未満の女の子と関係を持つことは、児童買春にあたります。
行為のあとで「知らなかった」と言ったところで、責任を問われない、ということはありません。

 

自分のために、そして18歳に満たない女の子のためにも、男性はこの点にぜひ気を付けてほしいです。
ですが、男性自身が女の子の年齢を確認するのは、なかなか難しいものですよね。
嘘なんていくらでもついてしまえるわけですから。

 

そういう意味でも、大手の出会い系サイトを使うメリットはあるのです。
PCMAXやハッピーメールのような大手の会社は、異性紹介事業の届け出をしているので、
児童買春の規制に引っ掛からないよう、18歳未満は利用できないようになっています。
そのため、女性も当然、登録時に身分証明書などの本人確認書類で年齢確認をされます。
つまり、男性は「相手が18歳未満であることを知らずに関係を持ってしまった」なんていうトラブルに巻き込まれる心配がないという事ですね。

 

余談ですが、私はモバゲーにも登録しています。
グリーやモバゲーなどのSNSは18歳未満でも利用が出来ますが、
出会い関連に関してはとても厳しいという印象があります。

 

というのが、ネット世界ではなくリアルの知人とモバゲー上で待ち合わせの話をしたところ、
ペナルティといって一定期間利用が出来なくなるという処分を受けたことがあるのです。
敏感すぎるくらい厳しく規制をされるので、電話番号や連絡先の交換、出会い関連の(と運営側に捉えられるような)会話、それからエッチな会話なんかも、一定期間の利用禁止や、極端な場合には一発で退会処分となることもあります。
モバゲーなどのSNS運営側も、自分たちのサイトが児童買春の温床になってしまえば大きなイメージダウンにつながる為、何としてもこれを避けたいんでしょうね。

 

サイトを運営している企業にとって利用者の年齢確認は重要なものですが、
利用するユーザーが自分を守るためにもとても大事なことです。
出会い系サイトの中には、年齢確認が自己申告のところも稀にありますが、
リスクを避けるためにも、そういったサイトの利用は避けたほうがいいと思います。