MENU

定番サイト登録無料
人気サイトBEST5
神待ちしている女性で賑わうサイト

 

私は、現在23歳の専業主婦です。
私が神待ちサイトを利用したのは、18歳のころ。

 

当時、口うるさい母親とうまくいかなくて家を飛び出して、だからといって友達の家にいつまでも居るわけにもいかなくて。
家には帰りたくない、居場所も無い、お金だってそんなに持っていない、そんな状態でした。
とにかくどこでもいいから泊まるところが欲しかった。
それに、不安で寂しくて、誰かと居たくて。

 

そんな時に、友達から神待ちサイトのことを教えてもらいました。
「神待ち」っていうのは、当時の私みたいに、寝る場所がない、お金もない、誰かに助けてもらいたい…そんな状態のこと。
「神」は、そんな私たちを助けてくれる男性のこと。
神待ちサイトに登録すれば、私のように家出をして、泊まるところがない、食事するにもそんなにお金がない、
そんな女の子を、大人の男の人が家に泊めたりして助けてくれるらしい、って。

 

それっていわゆる援助交際でしょ?って最初は抵抗がありました。
知らない男の人と会って、いきなりその人の家に行って、泊めてもらう代わりにエッチして。
そんなこと毎日いろんな人と繰り返すのも怖いなあって。

 

だけど、神待ちサイトを見てみたら、どこにもそんなことは書いてなくて。
出会い系サイトとも少し違っていて、男の人に対しては「困ってる女の子を助けてあげてください」っていう立ち位置のサイトだったんです。
女の子側に対しても、男性に援助してもらう見返りに何をしろ、っていう事にも触れられていなくて。
本当にただ泊めてもらうだけ、ゴハン食べさせてもらうだけ、それで済む場合もあるのかも…
そんな淡い期待が湧いてきました。
もし男性に助けて貰えて、見返りを求められたら、そのときはそのときだ、って思うことにして。
藁にもすがる思いだったのはあるけど…他にどうすることも出来なくて、結局私は神待ちサイトを利用しました。

 

 

かおり、23歳、女性、専業主婦。
18歳のころ、家出をしていた時期に神待ちサイトを利用していました。
現在は結婚して、ケーキやパンを焼いて過ごす毎日。
ちょっとだけ暇を持て余し気味です。